「生駒の腰痛・肩こり整体院 くわた」の肩こり

正しい姿勢の注意点

2018.11.20

以前、背骨はバランスを保つため、S字型のカーブを描いていることはお伝えしました。

しかし、日々の生活でS字型のカーブは段々と崩れてしまい、その姿勢がしみついてしまうことで筋肉疲労を起こし、肩こりを引き起こす原因となってしまっています。

ですので、まずは正しい姿勢を取り戻すことから始めましょう。

尚、正しい姿勢を取るポイントは次のとおりです
1.視線はまっすぐ前方に向ける
2.あごを引く
3.両肩の高さを揃える
4.肩の力を抜く
5.胸を軽くそらす
6.お腹を引き締める
7.お尻を引き締める
8.重心は足の親指の付け根付近へ

これが立っている場合の正しい姿勢です。

もちろん座っている時の姿勢も大切です。

・脚を組む
・腰を前にずらして背もたれにもたれかかる
・顎を突き出す
・あぐらをかく
・横座り

こういった姿勢に皆さんも心あたりがあるのではないでしょうか?

しかし、このような座り方は肩こりだけではなく、骨盤の歪みなど矯正が難しい姿勢を作り出してしまう原因にもなります。

できるだけ避けるよう注意してください。

そして最も大切なことは立っているときも、座っているときも「長時間同じ姿勢を取り続けることを避ける」ことです。

例え正しい姿勢でも“同じ姿勢を長い時間とりつづける”ということは、特定の筋肉にだけ緊張を与え続けるということになり、血流障害に繋がります。

以前にもお伝えしたように「血流障害は肩こりサイクルの最初の段階」です。

その状態が続くと肩こりサイクルの悪循環にはまっていってしまうことになります。

そのためには定期的に軽く体を動かし、筋肉を持続した緊張から解きほぐすように心がけましょう。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

生駒で腰痛・肩こりの整体院なら 鍼灸・整骨くわた

奈良県生駒市小瀬町94-1-102
定休日:不定休
最寄駅:近鉄・生駒線 南生駒駅

受付時間
平 日:9:00~20:00
土日祝:9:00~17:00
電 話:0743-76-1235
ご予約優先となっておりますのでお電話などで事前にご連絡いただきますとスムーズにご案内致します。

カレンダー