「生駒の腰痛・肩こり整体院 くわた」の肩こり

たたかれ上手になる

2019.02.11

これまでに肩こりを解消するための「上手な肩たたきのコツ」についてお伝えしてきました。

今回は「上手な肩たたきのコツ 番外編」です。

 

肩たたきはたたく方だけでなく、たたかれる側の上手な叩かれ方を知ることで、更に「気持ちの良い肩たたき」となります

 

ですので、是非「たたかれ上手」への心得も覚えておいてください。

 

1.肩たたきを始める前に“自分の出来る範囲で事前にほぐしておく

こうしておくことで同じ肩たたきでも、よりほぐし効果を得やすい肩たたきになります。

 

2.叩いている人の気持ちに応えて欲しい

肩たたきをしている時、叩いている人は「心地よくほぐれて欲しい」という思いで叩いています。

叩かれている人は、その気持ちに応えて欲しいのです。

 

具体的には「刺激がどうなのか?」「どう感じているか?」を伝えてもらいたいのです。

但し、伝え方には注意が必要です。

・弱い!

・もっと強く!

・場所が違う!

のような言い方では単なる文句になってしまい、叩いている人は不快になってしまうでしょう。

 

ですので、例えば「もっと優しくしてくれると気持ちいいかな」といったようにやんわりした言い方など

相手を気遣った伝え方で伝えるのがコツです。

 

3.もうちょっとくらいで終わりにする

気持ちのいい肩たたきは、ずっと続けて欲しいという気持ちになりがちです。

でも、あなたが大満足するまで肩たたきを続けてしまうと…

相手は疲れ切ってしまい、今後はあまり肩たたきをしたくなくなるかも。

相手は肩たたきのプロではありません。

ここでも相手を気遣うということを忘れないであげてくださいね。

 

上手な肩たたきは肩こりの改善だけでなく、家族とのコミニュケーションのきっかけとして使っていただくのも良いかもしれません。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

生駒で腰痛・肩こりの整体院・鍼灸院なら 鍼灸・整骨くわた

奈良県生駒市小瀬町94-1-102
定休日:不定休
最寄駅:近鉄・生駒線 南生駒駅

受付時間
平 日:9:00~20:00
土日祝:9:00~17:00
電 話:0743-76-1235

ご予約優先となっておりますのでお電話などで事前にご連絡いただきますとスムーズにご案内致します。

カレンダー