「生駒の腰痛・肩こり整体院 くわた」の肩こり

肩こり悪化させない上手な肩たたき⑤

2019.02.09

 

肩たたきをした時に相手から

「もっと強く!!」や

「そんな強さじゃ全然効かない」

など言われたことないですか?

 

そして言われたとおりに叩き方を強くしたりしていませんか?

 

しかし、相手にいわれるがまま刺激を強くするのは止めておくべきです。

 

なぜなら、タタキ始めはどんな人の肩もコリ固まった硬い状態にあるからです。

 

それなのに相手に言われるがまま急に強く叩きだしてしまうと、相手の身体は刺激を“攻撃された”と認識してしまい。

防御態勢をとり、より身体を固くしてしまうことになるからです。

 

これでは肩こりをほぐしてあげることは出来ません。

 

ではどうすればいいのか?

 

叩き始めは身体を刺激に慣れさせることが大切です。

 

おススメは「さする(なでる)」

 

刺激の少ない「さする(なでる)」は、硬くコリ固まった筋肉の緊張を緩めるには最も適した方法です。

 

「さする(なでる)」方法は、両手の手のひら全体を使い「上から下」へ、「中心から外側」へ動かします。

 

具体的には、

  • 首の付け根から左右の肩を外側に向け同時にさすって(なでて)いきます
  • 首の付け根から背骨に並行して背中まで上から下へさすり(なで)ます

 

これで相手の身体の緊張は解けてきます。

 

これを何度か繰り返した後、肩たたきを始めると、心地よい刺激を相手に与え、硬くなった肩こりをほぐしてあげることができます

 

今回まででお伝えした5つのコツで

「揉み返しがおきにくい」

「疲れない」

上手な肩タタキを実践してあげてください。

 

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

生駒で腰痛・肩こりの整体院・鍼灸院なら 鍼灸・整骨くわた

奈良県生駒市小瀬町94-1-102
定休日:不定休
最寄駅:近鉄・生駒線 南生駒駅

受付時間
平 日:9:00~20:00
土日祝:9:00~17:00
電 話:0743-76-1235

ご予約優先となっておりますのでお電話などで事前にご連絡いただきますとスムーズにご案内致します。

 

カレンダー