「生駒の腰痛・肩こり整体院 くわた」の腰痛

良い姿勢を取り続けるだけでは不十分?

2018.11.14

日頃から動く際に腰への負担を考え、とても慎重に動かれる人でも、「動きがなくなった」姿勢が腰への負担が大きくなってしまっていることがよくあることをご存知でしょうか?

普段の生活や仕事ではあまり動くことがなく、よく考えると「一日座っていることが多いなぁ」という方や、「長時間立ったままが多いなぁ」という方は特に注意してください。
以前にもお伝えしましたが、腰への負担を軽くする基本は「良い姿勢を維持すること」です。

例えば、立っている時には“背筋を伸ばしてお腹を引きしめ”、座っている時には“椅子には腰を深くかけて背筋を伸ばす”という姿勢です。

しかし、人の身体はどれほどよい姿勢をとっていても、ある程度時間が経つと疲れを感じてきてしまいます。

これは当然、地球の重力が働いているためです。
その力に抵抗して良い姿勢を保つために人の筋肉は静かに働いていると考えてください。
見た目には分からなくても、腰や他の部分の筋肉が少しずつ働くことで良い姿勢を支えているので、筋肉は疲れていってしまいます。

そして疲れた筋肉は硬くなってしまします。
筋肉が硬くなると血流も悪くなります。
これにり“腰のだるさ”や“腰への痛み”となって症状にあらわれます。

この状態を解消し腰痛を未然に防ぐためには、疲れて血流が悪くなっている腰まわりの筋肉を動かすことが必要になります。

具体的には“体操”や“ストレッチ”などの軽い運動を定期的に行うことで、「疲れて硬くなった筋肉の柔軟性を取り戻し,血流を回復させること」ができるのです。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

生駒で腰痛・肩こりの整体院なら 鍼灸・整骨くわた

奈良県生駒市小瀬町94-1-102
定休日:不定休
最寄駅:近鉄・生駒線 南生駒駅

受付時間
平 日:9:00~20:00
土日祝:9:00~17:00
電 話:0743-76-1235
ご予約優先となっておりますのでお電話などで事前にご連絡いただきますとスムーズにご案内致します。

 

カレンダー