「生駒の腰痛・肩こり整体院 くわた」の腰痛

腰痛の自己診断はとても危険です 1

2018.12.19

今回は以前当院に来られた患者さんの例です。

3日ほど前から背中~腰に掛けて痛み出ているという、講演会などで講師を務めている72歳男性患者さん。

立っていることが多いため以前から慢性の腰痛があるうえ、ぎっくり腰になった経験もおありとのこと。

ただ今回はこれといった原因に覚えもなく「冷えたからかな」と自己診断。

まずはじっくりと動作確認や圧痛点の検査をおこなっても、なんとなくぼやけた所見…。

続いて、重心のバランスを整える施術を行い…再度検査。

まず動作確認、動きは明らかに改善「よしよし」。
続いて圧痛点「イテェー!!!」
さっきよりも患者さんのリアクションが大きい…。

患者さんを更に問診
桑田 「傷みが出る3日前に尻もちついてませんか?」
患者さん「いいえ、ついてませんよ」
桑田 「激しいクシャミとか続いてませんか?」
患者さん「咳は続いてました…」

確認のために最後にもう一度圧痛点を検査。

患者さん 「イテェー!!!!」

これらの検査や問診から“骨粗しょう症からきている圧迫骨折”の疑いに行き着きます。

骨折、しかも背骨の骨折となると怖がられる患者さんも多いため、丁寧に説明させていただいたうえで、病院にてレントゲン検査をするようお伝えしました。

直ぐに整形外科に行き検査を受けられるとやはり「圧迫骨折」との診断結果。

病院では「コルセットをして安静にしていてください」が決まり文句。

しかし、より早く元の生活に戻るためには安静にしながらも、電療や筋肉維持、運動機能の維持のための治療も必要です。

鍼灸整骨院はこういった“骨折後”の治療も得意分野なんですよ。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

生駒で腰痛・肩こりの整体院なら 鍼灸・整骨くわた

奈良県生駒市小瀬町94-1-102
定休日:不定休
最寄駅:近鉄・生駒線 南生駒駅

受付時間
平 日:9:00~20:00
土日祝:9:00~17:00
電 話:0743-76-1235

ご予約優先となっておりますのでお電話などで事前にご連絡いただきますとスムーズにご案内致します。

カレンダー