「生駒で腰痛・肩こりの整体院・整骨院」の腰痛

腰痛の場合、安易に温めるのは危険 |生駒の整体院・鍼灸院・整骨院なら くわた

2018.09.15

皆さんさんこんにちは。
生駒市で腰痛・肩こりの改善施術が得意な整体院・整骨院・鍼灸院の桑田です。

 

さて、前回は腰痛で一番最初に注意するポイントとして「いつから痛みがあるのか?」が大切だとお話ししました。

そこで今回はこの続きとして「腰痛で“温める”時の注意点」に関してお話させていただきます。

腰痛になった時、腰に違和感を感じた時に多くの方が最もよく使われる対処法が“お風呂で温める”なんです。

おそらく、これが「一人でできる最も簡単な方法」であり、「(温泉などで)最も効果がありそうなイメージ」があるからでしょう。

 

もちろん、温めることは決して悪い方法ではありません。

しかし、温めてはいけない腰痛だった場合、これが逆効果となってより激しい痛みになったり、もしくは痛みの長期化を招くことがあります。

ところで、温めてはいけない腰痛とはどのような場合でしょう。

それを見分けるポイントが「いつから痛みがあるのか?」なんです。

簡単に言うと温めてはいけない腰痛とは「何かの拍子でピキッときたことで痛みや違和感を覚えた」場合です。

 

この場合、“ピキッ”と違和感を感じた時点で組織の一部が傷ついた可能性が高く、それを修復するために“炎症反応”が起こります。

そのことに気づかず温めてしまうと、血流が良くなり炎症反応を強めてしまい、痛みを増幅させてしまうのです。

ですので、何かの拍子で“ピキッ”と痛みや違和感を感じた場合は、温めず逆に冷やすことを考えてください。

打撲や捻挫と同じですね。

腰痛施術

さて、今回もこれ以上書くと長くなってしまいそうですので、このあたりにさせていただければと思います。

次回は「温めたほうが良い場合」についてお話させていただきたいと思います。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 


生駒で腰痛・肩こりの整体院なら 鍼灸・整骨くわた

奈良県生駒市小瀬町94-1-102
定休日:不定休
最寄駅:近鉄・生駒線 南生駒駅

受付時間
平 日:9:00~20:00
土日祝:9:00~17:00
電 話:0743-76-1235
ご予約優先となっておりますのでお電話などで事前にご連絡いただきますとスムーズにご案内致します。